topimage

2017-06

ドラマにはまる(再び)。 - 2017.06.19 Mon

『REIGN』を観てない方には何が何だかわからない内容ですみません。)

Netflixで3シーズン観終えた後、リアルタイムでゆくえを追っていたテレビドラマ『REIGN/クイーンメアリー』が、昨夜最終回でした。
これまでの展開からそうなるだろうとは思ってたけど、予想以上に
がっかり。w( ̄o ̄)w

義母がはまっているのを見て観始めちゃったのが運の尽き…(-_-)。
ドラマを見始めると止まらなくなるのは私の悪い癖でして。
途中でくだらないと思っても、とにかく最後まで観ないと気が済まないのであります。
昔はまった『THE TUDORS~背徳の王冠~』(←すごいね、この邦題)と似たような王宮ドロドロ物語なので、危ないと思いつつ見始めたら、やっぱりどうにも止まらなくなってしまいました。
とはいえ、「くだらない」感はTUDORSよりはるかに満載で、「なんだ、この展開は~!」とのけぞること片手では数え切れず、最初のうち一緒に観ていた家族は途中で脱落。しかし私はやめられないの~っ。

いやそりゃメアリー・スチュアートの話だから、最終回はそういう結末なんだろうと思ってましたが、最後の展開があまりに早送りでさすがにびっくり!
シリーズが打ち切りになると知らずに脚本が書かれていたのではないかと思えるほど。
それで「来月最終回です。」と言われて、驚いて無理矢理最終回にした…みたいなストーリーラインでした。あ~あ。

もうドラマはやめるんだ。
もうやめるんだ…
…とか言って、また観ちゃうんだよな、きっと。

今、日本の公式サイトを見たら、
シーズン2の宣伝で
さらにゴージャス!もっとスタイリッシュ!な王室の“ゴシップガール”
って書いてありました。
ゴシップガールだったのか、メアリーは!(爆)
スポンサーサイト

古い曲。 - 2017.05.22 Mon

朝、学校に向かう途中の車でのこと。

息子「最近気に行った曲があるんだ、聞かせてあげるね。古い曲だけど、キャッチーなんだ。」
私「へえ、古い曲なんて珍しいじゃん。」

息子、スマホをいじくる。

そして…流れてきたのはこれだ!



ケアレスウィスパー! (ジョージ…合掌(涙))

母「おおおぉぉぉ!」
息子「ああ、やっぱり知ってんだ!」

80年代が青春時代だった私、
ジョージ・マイケルは特に大ファンだったわけじゃないけど
(カルチャークラブに入れ込んでました、はい。)
それでもこの曲のイントロを聞いただけで、こっ恥ずかしいやら、甘酸っぱいやら、何だか不思議な感情が溢れてきて、わき腹をつつかれたような気持ちになったのであります。

しかし、当然といえば当然のことながら、
古い」曲なんだよね、息子にとっては。
そりゃ30年前の曲だもの。
私が高校生の頃の30年前の曲なんて、

Johnny B. Goode(ジョニー・B.グッド) by チャック・ベリー (1958)
Jailhouse Rock(監獄ロック) by エルビス♪ (1957)

そりゃ古いわ。
息子にとってはジョージ・マイケルって(私にとっての)チャック・ベリー的な古さなんだ…。
うわあああ。ジェネレーションギャップ。(-_-)
わかっちゃいたけど、やっぱりショック。

ショックを受けていると、さらに続けて…

息子「あ、他にも気に入った曲があるんだ。ジャック(←友達)が聴いてたんだ。これも古い曲だから知ってるかも。」
母「へぇぇ、何て曲?」
息子「名前は忘れた。」

ジョージ・マイケルを聞かされたばかりだったので、またしても80年代の曲だろうと思い、デュランデュランかな、DEVOかな…などと思っていると、

スマホから流れてきたのは何とこれ。



シナトラだ! しかもベタにマイウェイ。

母(爆笑)「これは私でも古いと思う!」
息子「そうなの?」
母「これは、グランマがリアルタイムで聞いてたと思う。」
息子「へぇぇぇぇ、でも、キャッチ―じゃん。」

さらに息子、どうしてマイウェイがいいかを語る。

「古い曲ってさ(←この一般化はいかがなものかと思うけど)、歌詞を聞いてるとちゃんとmoral(教訓)があるんだよね。言いたいことがちゃんとあるっていうか…。最近の曲ってさ、なんか歌詞もランダムで、何言ってんだかわかんないでしょ。語呂がよければいい…みたいなさ。」

息子、シナトラにモラルを感じる。(母:じ~~~ん)

息子が "moral"なんて言葉を使うのを初めて聞いた私は、ちょっと呆気にとられまして。
へぇぇぇぇぇぇな朝でした。

21世紀生まれの息子には、ジョージ・マイケルもシナトラも古い曲。

あ、ケアレス・ウィスパーにはモラルを感じなかったのかね。
「浮気はダメだよ」ってモラル?

なんと。 - 2016.11.10 Thu

なんと、あのカナリア色の髪をしたおじさんが
本当に大統領になってしましました。

常軌を逸する行動・言動を連発し、
「あんなのが大統領になれるはずがない」と言われ続け、
テレビで笑い草にもなっていたあの人が
これからの4年間、アメリカの顔になるとは。

あれよあれよという間の展開でした。
何だかまだ呆然としています。
8年前に感じたユーフォリアとは正反対のこの感覚。

今日スーパーに向かう途中、
"TRUMP 2016" と書かれたTシャツを着て、誇り気に歩いている人を見ました。
シュールだ。
あまりにシュールすぎる。

まだすぐには消化できなさそうです。

6年ぶりでして。 - 2016.10.29 Sat

ふと思いついて戻ってきたのですが、
最後に投稿したのはなんと6年前です。
6年が経ってしまいました。
みんな6歳成長(?)しました。

ブログの入力画面も変わってしまったな。
どうやって書いたらいいんだっけ。

6年の間に何があったのだろうと、ぼんやり考えてみましたが、
なんだかバタバタとしているうちにここまで来てしまったという印象。
6年前、「もうそろそろアラフォーとは言えないわね~」と嘆いていた私は
もうどっぷりアラフィフでして、「でも50歳ってあんまり怖くないわ。還暦が近くなったらさすがにショックかもしれないけど…」と、開き直りがすっかり板についてきた今日この頃。
相変わらず家からちまちまと仕事をしているところは6年前と同じ。
おかげ様で忙しく、休みが取れないと文句を言えるのも贅沢な悩みかと。

旦那も、これまたおかげ様で6年前と同じ仕事を続けています。とは言え、貫禄付いたのはお腹の周りだけかな(ここだけの話)。なにかと文句を垂れながらも、それなりに元気でいてくれてありがたいことです。最近、ぐっすり眠れないのが悩みらしい。ま、年相応な悩みってことで。

あたりまえとはいえ、この6年で激変したのは息子です。4年生だった彼は10年生(日本でいうところの高1か)となり、15歳で身長187cm、靴のサイズ30.5cmというすごいことになってます。でも大きいのはサイズだけで、思春期もまともに始まってない様子。喉ぼとけなし、お肌はまだツルツルで、女の子に「あんた、脚の毛剃ってるの?!」と言われて憤慨しています。女の子よりビデオゲームに夢中で、頭の中はまだまだお子様、母としては微妙な気持ちなわけです。

まあでも小さな頃はいろいろ心配な子だっただけに、6年を顧みて予想以上にちゃんと育ってくれたな(今のところは)と、親バカながら感慨深いものがあります。6年前の最後の投稿で、学校でバイオリンを始めたと書きましたが、なんと今も続いています。同じ時期に始めた空手も続けて、今年の夏にはとうとう黒帯を頂きました。注意力散漫な子だと思っていたのに、始めたことは辞めないタイプみたいです。これは6年間で新たな発見。

こうやって書いてみると、なんだかんだ言って有り難いことが多い6年間でした。
ありがとうございます。ありがとうございます。
まだいろいろ思うところはありますが、今日はこれくらいにしておきます。
また戻ってきて書く気になるかな~。

アートな午後 - 2010.10.11 Mon

この8月に4年生になったこてつは、
今年から新しい学校に通い始めました。

4年生から8年生が通うこの学校は、
以前の学校と同じ学区の公立学校だけれど、
マグネットスクールと言われるちょっと変わった学校で、
校名は「○○アートアカデミー」。

名前の通り、芸術のクラスを重視した学校で、
午前中は、州の規定カリキュラムをカバーするものの、
午後は2コマ、芸術関係のクラスを取るようになっています。

4つの芸術クラスを週2回ずつとることになっていて、
こてつの現在の午後の時間割は
月・水: 演劇、ダンス
火・木: 弦楽器、視覚芸術
…という具合。
火・木のクラスはいくつかのクラスから自分の好きなものを選択できるようになっていて、
弦楽器のクラスを取ることにした息子は、バイオリンを習い始めました。

一般的に公立学校では、財政難を理由に芸術のクラスがカットされる風潮にあり、
だからと言って、いろいろ習い事に出そうとなると結構なお金がかかるので、
こんな学校は、親としては願ったり叶ったりなのであります。

音楽にしても、視覚芸術、舞台芸術にしても、やってみないことには好きか嫌いかも分からないわけで、
こうしていろいろつまみ食いできる環境はいいなと思います。
もしかしたら、「これは長く続けていきたい」と思える何かが見つかるかもしれないし。

午前中に国語算数理科社会をがーっとやって、午後はアートだ!…というメリハリも、
こてつには合っているような気がして。

と、いうことで、週2回はレンタルしたバイオリンを背負って登校するこてつ。
宿題も出始めて、家で練習しなくちゃいけないのですが、

わかっちゃいたけど、
初心者のバイオリンって…



黒板に爪




歯医者のドリル




首絞められたガチョウ



というイメージです。


私は子供の頃、ピアノを習っていたのだけれど、
ピアノって正しい鍵を叩けば、
それなりの音が出るじゃないですか。

でも弦楽器ってそうはいかないのですね。
私も一緒になって3/4サイズのバイオリンを触っているのですが、
難しいわ、これは!

まあ、ともかく、
今のところ、こてつはやる気もあって(今からなかったら困るけど)、
自分ですすんで練習もしているし、
普通の宿題はすぐ嫌になるのに、バイオリンだけは飽きずに30分くらい弾き通すし、

やるじゃん、息子

11月には初のコンサートがあるそうです。
キラキラ星くらい弾けるようになってるんだろか。



楽器の音色がする家っていいもんです。

たとえそれが

歯医者のドリルでも。
絞め殺されてるガチョウでも。

がんばれ、こてつ。

P1070545.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かのり

Author:かのり
カリフォルニアの田舎町に亭主と息子(15歳)と3人暮らし

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
大きくなれよ (5)
日々精進 (2)
お知らせ (1)
あたくしごと (4)
嗚呼うい郎 (1)
こぶつき旅行 (2)
近況など (3)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード