上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく放ったらかし状態になっていた生命保険を新しいものに変えようということになり(私もうい郎も四十路だし)、ここ数週間はいろんな書類や電話に追われていた。
日本でもそうなのかは知らないけれど、
アメリカで生命保険に入ろうとすると、大概の場合、健康チェックを強いられる。
(病気もちは保険に入れてもらえないという、ありがちなアメリカの保険事情…
問診はもちろんのこと、血液検査、尿検査、かかりつけの医師のリストも提出する。

というわけで、先日、血液検査があった。
ご丁寧に自宅まで看護婦さんが来てくれるという出前検査である。

血液検査。

血液を取られるとなると、いつも私は不安にかられる。
なぜなら…


わたしの血管極細だから。



ゴム管で締め上げられた腕をベシベシ叩かれた後に、
「あらぁ、入らないわねぇ」とか言われながら
ブスブスと何度も針で刺されたこと数知れず(涙)。

ひどい時には、刺されまくったあげくに
「うまくいかないから、別の検査所に行ってください。」
なんて言い渡されたこともある。
痛む腕を綿花で押さえて、次の検査所へ向かう私。

ああ、なんで私の血管は細いの…。
これだけは親父に似たくなかった(はい、実家の父も血管が細いです。)。

やっとの思いで血液が採取された頃には、
私の腕には特大サイズの青あざが。
それを見たうい郎は

やってるとかDV(家庭内暴力)にあってるとか思われると嫌だから長袖着たら?」

などと、これまたアメリカンな心配をしてくれる。


と、こんな泣くに泣けない経験を積んできたので、
今回はこんな状態を回避すべく、
最初からきちんと対処した。

看護婦さんのアポを取った時点で、はっきりリクエスト。


「あの、すみません。私の血管、すごく細いので…
バタフライ・ニードル持ってきてくださいっ!」


そう、極細血管の味方はこれ。

butterfly_needle.png
バタフライ・ニードル。

バタフライ針(←日本じゃ別に呼称があるのかもしれないけど)は、普通の注射針より細くて、
極細血管でも比較的簡単に入るのである。


バタフライ針のおかげで、今回も青あざ作らないで済んだ。
あ~よかった。


それにしても、血管を太くする方法ってあるんでしょうか。
運動すると太くなるって話も聞いたことあるんだけど本当?
それともこれは、持って生まれた私の宿命なんでしょうか(涙)。
スポンサーサイト
ここのブログサイトでは、一ヶ月日記更新しないと、トップに広告が載っちゃうということを、
前回の更新からきっかり一ヶ月経った今朝知った。

ほほ~。
なんだか目覚まし時計的なシステムで、
気がつくと更新を忘れてしまう私にはいいかなと。

私は、日本でもアメリカでもテレビドラマには縁のない人間で、
友人や同僚が「今夜は○○(番組名)見なきゃ~!」などと言ってるのを聞いても
ぜんぜんピンとこないことが多かったのだ。

ところがっ。

ついこの間、アメリカ在住の友達に勧められて
インターネットでしばらく前の日本のドラマを見てみた。

最初はふ~んと思っていたのだけど、
いつの間にかハマってしまい、
一気に最終回まで見てしまうという結果に。

なんかこれ…、面白いかも。

さらに先日、別のドラマを見つけて、
またまたガ~ッと6回分、見てしまった。

見たドラマはですね、
『Around 40』
『上海タイフーン』

傾向として
社会的に見て「もう若くない」女性たちが
自らの生き方に迷って七転八倒

…みたいなストーリー。

何だ、私じゃん、それは。


コンピュータでドラマを見るのって疲れるし、
気がつくと長時間が経っていて、
時計を見たときに感じる自己嫌悪もいやなので
最終回を見終わった時には
「もうこれでドラマは見ない!」と心に決めるのだけど…

ついまた面白そうなドラマを探してしまったりするのだった。
あ~あ。


皆さまのおすすめのドラマは??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。