上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~、またトップに広告が載ってしまった…(-_-)
ブログ引越し後はマメに日記を書く…という初心はどこに行ったのか。


先週は春休みだったので、久しぶりにベイエリアに行ってきた。
うい郎の弟君(16歳年下の若者)がサンフランシスコからベイブリッジを渡ったところにあるエメリービルという町に住んでいるので、たまには顔を出そうということになり、アタスカデロからハイウェイを北上すること延々4時間。
久しぶりに行ってみると、すごい都会だわ
日頃のんびりした交通事情に慣れている私達には、
複数のハイウェイが数分おきに交差するサンフランシスコ近辺は別世界。
真剣な眼差しでハンドルを握るうい郎と、助手席で地図を見ながら右だ左だとわめく私。
これってまさに、田舎者を実感する瞬間だ…(涙)。

エメリービルでは弟君&彼女を誘って飲茶ランチに行ったのだけど、
調子に乗って頼みすぎて、テーブルに乗り切らないほどの食べ物が来てしまった。
…とは言え、残しちゃもったいないからとムキになって食べてしまい、
あの食事だけで2キロは太ったなと思えるほどの食いっぷり。
それでも昔に比べるとパワーダウンしたもんだな、私。

翌日はせっかくここまで来たんだからとサンフランシスコに泊まることにした。
今回はあまり時間もなくて、街を歩き回るだけで終わってしまったけど、
いや~何だか、都会ってわくわくする。
歩いているだけで飽きないもんね。
うい郎も久しぶりのサンフランシスコが気に入ったらしく、
今週もまた行く…なんて言ってるんだけど、
本気か?

ところで今回はちょっと面白いホテルに泊まってみた。
最近「ブティックホテル」とか呼ばれている類のホテルで、
大型チェーンのホテルにはない「個性」とやらを売り物にしているんだと。
私たちが泊まったホテルはヒッチコックの映画「めまい(Vertigo)」をテーマにした
その名も Hotel Vertigo (そのままだよ)。

内装もちょっと凝っていて面白かった。
料金もチェーン系のホテルより安いし。
P1050490_convert_20090425155023.jpg

だけど、いくらオシャレなホテルに泊まってみても、
こんな事やってる私たちは
やっぱり田舎者…(-_-)
P1050423_convert_20090425155440.jpg
最近ホテルに泊まるとこういう写真を撮るのが恒例になっている男二人組。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。