上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こてつがウルトラマンの魅力に取り付かれたのはもう数年前のことだが、
ウルトラマン好きなのは相変わらずで、
子供部屋の壁にはウルトラマンのポスターやらカレンダーやらが、所狭しと貼り付いている。
(―というか貼りすぎ。)
新旧のウルトラマンについては、どうやったらそんな違いが分かるんだ…と思うような事まで知っている。
夢は、日本に行って熊本県にあるウルトラマンランドに行くことらしい。



…と、そんなこてつだが、最近、別のスーパーヒーローにもご執心の様子。


そのスーパーヒーローとは…


kikaida.jpg

昔懐かし キカイダー
(後ろはもちろん富士山だ。)


キカイダーって…
そんなヒーローがいたなんて、
そういや子供の頃見た覚えがあるけど、ず~っと忘れていた。
今どきの日本の子供だって知らないよね、きっと。

何でまたキカイダーなのかというと、
これは私も知らなかったんだけども、
キカイダーは私たちが子供だった時代、
ハワイでも放映されていて、結構な人気だったらしい。
アメリカ本土では認知度ゼロなんだけど、
ハワイに行って、アラフォー世代に聞けば
「ああ、キカイダーね!」ってことになるんだそうな。

うい郎は大学時代をハワイで過ごしたので、
当時の友達からキカイダーの話を聞き、
こてつと一緒にYouTubeで見始めたのがきっかけ。

さらには、Netflix(郵送DVDレンタルサービス)のリストを調べたところ、
なんと、キカイダーのDVDが9枚もレンタル可能になってるじゃあありませんか!

かくして、キカイダーマラソンが始まったのであった…(-_-)。

それにしてもマニアックなチョイスである。
(それを見せているアラフォーの両親のせいなんだけども。)
ウルトラマンは、70年代にアメリカ本土でも放映されていたので、
40前後の大人とならウルトラマンの話もできるけど、
今回の場合、はハワイで育った大人でないとキカイダーを知らないわけだ。

アラフォー世代としか「ヒーロー」ネタで盛り上がれない8歳児、こてつ。
(ごめん、親のせい。)

しかし、そこでメゲるこてつではなく、
最近じゃ、近所の友達の家に遊びに行く時に、
キカイダーのDVD持参で行って、
キカイダー布教に努めておられる様子。
「知らないなら教えてやれ」ということらしい。
この広いカリフォルニアで、
キカイダー知ってる小学生は、彼らだけに違いない。


しかし、このキカイダー、
子供の頃は普通にテレビで見てたけど、
今見てみると実に笑える。

そもそも、ヒーローの名が「ジロー」って言うところに時代を感じる。
あと、これもすっかり忘れていたんだけど、
毎週出てくる敵アンドロイドの名前が、どれもみんな「色+生物」なのだ。
例をあげると―

ブラックホース(まあ馬なら何となく強そう)
レッドコンドル(これもよしとしよう)
シルバーキャット(猫?)
ムラサキネズミ(ねずみでいいのか)
サソリブラウン(虫の領域に…)
キイロアリジゴク三兄弟(あくまで三兄弟)
ダイダイカタツムリ(ダイダイ色っていうのも懐かしい)
カイメングリーン(海綿? スポンジ?)
バイオレットサザエ(さざえでございま~す)

― と、到底強そうには聞こえないアンドロイド(さざえのアンドロイド?)の数々。

その他、
ジローが必ずギターを背負って登場するとことか、
ジローに心を寄せるお姉さんのスカートがゴーゴーダンサー並みの超ミニだとか、
見てる方が恥ずかしくなっちゃうようなこと満載なのである…。


時代にそぐわない内容でだらだら書いてしまった。
すみません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。