上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやもう、前回の更新が「気がつけば師走」だったのだから、9ヶ月も放置状態だったわけです。
この調子で行くと、「毎年恒例のブログ更新」ということになってしまいそう(って他人事)。
インターネットをうろうろする時間は相変わらず多いのだけれど、
最近は、Facebook だの Twitter だのと、一言二言書けばそれでいい場所が増えて、
根っからの面倒くさがりで浮気性の私は、ついそういう方向へ流れてしまっていくのであります。

長文を書かなきゃいかんと思うからいかんのだな。
いっそ、ツイッター風に140文字以下で書くことにすればいいのか。
でも、それはそれで難しいような気がするが。
………

さて、この夏の私的メインイベントは、
① 里帰り
② コンサート
の2点でした。

①里帰り
今年は、息子と二人で日本に里帰りしてきました。
うい郎は例によって多忙な夏なので、一人でカリフォルニアに置き去りに。
親子二人の里帰りはこれで3回目ですが、
飛行機の狭いトイレでオムツを替えなきゃいけなかったあの頃に比べれば、
本当に楽になったもんです。
眠たい最中に飛行機から下ろしても床に転がって泣いたりしないし、
母がバゲージクレームでスーツケースを探そうと必死な時に、どこかへ走って消えたりしないし、
最近じゃいよいよ母の荷物まで持ってくれるし。
ありがとう、9歳。

という訳で、二人でもだいぶフットワークが軽くなったので、
今回はいろんな所へ出かけることも出来ました。
友人&家族を訪ねて関西、四国へ行きました。
大阪は暑かった。
讃岐うどんは美味かった。
次回は東京を目指す予定です。


②コンサート
子供を連れてクラシックのフリーコンサートに行ったことを除けば、
コンサートらしいコンサートに最後に行ったのは息子を産む前、10年も前の話。
ゆえに、今回の感動はひとしお。

日本に行く前から、彼が全米ツアーに出ることは知っていたのです。
しかし、ここからだと最寄はどうしてもサンフランシスコやLAになるので、
夜のコンサートに行くとなると、一人で出かけていくのは難しい。
ゆえに、うい郎を連れて行こうといくことになるんだけど、
そうなると仕事の調整&子守が複雑。

さんざん諦めかけたものの、
最終的には実現したのであります。

ここ数年、私がぞっこんの彼、
ルーファス・ウェインライト氏のオークランド公演。

行く前からこんなにワクワクしたコンサートは、
小学校2年生の秋に飯田市文化会館で見た西城ヒデキ公演以来に違いない。

好きなミュージシャンというのは、いつでもいたのですが、
こんなに入れ込んじゃったのは近年まれ…というか初めてかも。
明けても暮れてもルーファス一辺倒な私には、さすがの家族も呆れたようで、
息子に
「お母さん、ルーファスとお父さんとどっちが好きなの?!」と詰め寄られる始末。
いや、ルーファスと私はそういう関係じゃないんだが。

でもお母さん、何を言われようとも好きなのよ。
できることなら、ベイエリアのコンサート全部、追っかけたかったくらい、
できることなら、10月の日本公演にもついて行きたいくらい、
それくらい好きなの。

そして晴れのコンサートは、もちろん最高でしたわよ。
ようやく生ルーファスが聴けたんですもの。

という訳で、私のルーファス熱はまだまだ覚めやることがなさそうです。

それにしても、この辺でルーファスのファンに出くわすことってないよなー。
ファンの方、いらしたら声かけてください。ちょっと仲間が欲しい今日この頃。



以上、夏の報告でした。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。