上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと思いついて戻ってきたのですが、
最後に投稿したのはなんと6年前です。
6年が経ってしまいました。
みんな6歳成長(?)しました。

ブログの入力画面も変わってしまったな。
どうやって書いたらいいんだっけ。

6年の間に何があったのだろうと、ぼんやり考えてみましたが、
なんだかバタバタとしているうちにここまで来てしまったという印象。
6年前、「もうそろそろアラフォーとは言えないわね~」と嘆いていた私は
もうどっぷりアラフィフでして、「でも50歳ってあんまり怖くないわ。還暦が近くなったらさすがにショックかもしれないけど…」と、開き直りがすっかり板についてきた今日この頃。
相変わらず家からちまちまと仕事をしているところは6年前と同じ。
おかげ様で忙しく、休みが取れないと文句を言えるのも贅沢な悩みかと。

旦那も、これまたおかげ様で6年前と同じ仕事を続けています。とは言え、貫禄付いたのはお腹の周りだけかな(ここだけの話)。なにかと文句を垂れながらも、それなりに元気でいてくれてありがたいことです。最近、ぐっすり眠れないのが悩みらしい。ま、年相応な悩みってことで。

あたりまえとはいえ、この6年で激変したのは息子です。4年生だった彼は10年生(日本でいうところの高1か)となり、15歳で身長187cm、靴のサイズ30.5cmというすごいことになってます。でも大きいのはサイズだけで、思春期もまともに始まってない様子。喉ぼとけなし、お肌はまだツルツルで、女の子に「あんた、脚の毛剃ってるの?!」と言われて憤慨しています。女の子よりビデオゲームに夢中で、頭の中はまだまだお子様、母としては微妙な気持ちなわけです。

まあでも小さな頃はいろいろ心配な子だっただけに、6年を顧みて予想以上にちゃんと育ってくれたな(今のところは)と、親バカながら感慨深いものがあります。6年前の最後の投稿で、学校でバイオリンを始めたと書きましたが、なんと今も続いています。同じ時期に始めた空手も続けて、今年の夏にはとうとう黒帯を頂きました。注意力散漫な子だと思っていたのに、始めたことは辞めないタイプみたいです。これは6年間で新たな発見。

こうやって書いてみると、なんだかんだ言って有り難いことが多い6年間でした。
ありがとうございます。ありがとうございます。
まだいろいろ思うところはありますが、今日はこれくらいにしておきます。
また戻ってきて書く気になるかな~。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。