topimage

2017-07

いってらっしゃい。 - 2017.07.03 Mon

とういうわけで、コンサート明けの翌日、息子は地元の弦楽器キャンプに出かけました。
中高生を対象にした1週間のキャンプです。
自宅から30分くらいのキャンプ施設なので、近場で親としては気楽。
小学生のころ、学校の林間学校で利用した場所らしく、本人も「いい所だから大丈夫、キャビンも結構広いし。」などと言っていたのに、今回行ってみると結構おんぼろじゃん…(°_°)
敷地にあるその宿泊用キャビンとやらを覗いてみると、狭い所に二段ベッドが4つ。
「ここに数人で入るのかねぇ」と話していたところ、次々に荷物を抱えたティーンエージャーの男の子が到着。どうやら8人ぎっしり収容するらしい。…むさ苦しい。
二段ベッドの上段に座って足をぶらぶらしながら息子、
「もっと大きい部屋だったような気がするんだけど…。」
それは小学生の時とは自分の体のサイズが違うということだよ。
これから一週間、190cmの彼はベッドから手足を突き出して眠ることでしょう。

親が帰る時間になって、こちらとしては「夜更かししないのよ、ちゃんと食べなさいよ、歯を磨きなさいよ、きちんと練習しなさいよ…」と言いたいことは山ほどあったのに、
息子のほうはあっけなく、「じゃあね。」といって私の肩をポンと叩くと食堂に消えていきました。
なんとまあ。
毎朝プリスクールで、帰ろうとする私の足にしがみついて大泣きしていたあいつが。
他の子は平気なのに、なんでウチの子だけこんなに自立できないんだろうと心配したものなのに。
心配しまっくていたあの頃の私のところに行って言ってやりたいわ。
「心配しなくて大丈夫、あと10年もすればあっさり『じゃあね。』って言われるよ。」と。

このキャンプでは携帯電話禁止ということになってまして、
息子はぶつぶつ言いながらもスマホを家に置いていきました。
つまりは1週間電話もメールもなし、
緊急でもない限りまったく音沙汰なしってことです。

最近はPCやスマホで遠くにいても連絡が取り合うことが当然になっているだけに、
なんとも静かな1週間。
親にとっても。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かのり

Author:かのり
カリフォルニアの田舎町に亭主と息子(15歳)と3人暮らし

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
大きくなれよ (6)
日々精進 (2)
お知らせ (1)
あたくしごと (4)
嗚呼うい郎 (1)
こぶつき旅行 (2)
近況など (4)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード