上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こてつがウルトラマンの魅力に取り付かれたのはもう数年前のことだが、
ウルトラマン好きなのは相変わらずで、
子供部屋の壁にはウルトラマンのポスターやらカレンダーやらが、所狭しと貼り付いている。
(―というか貼りすぎ。)
新旧のウルトラマンについては、どうやったらそんな違いが分かるんだ…と思うような事まで知っている。
夢は、日本に行って熊本県にあるウルトラマンランドに行くことらしい。



…と、そんなこてつだが、最近、別のスーパーヒーローにもご執心の様子。


そのスーパーヒーローとは…


kikaida.jpg

昔懐かし キカイダー
(後ろはもちろん富士山だ。)


キカイダーって…
そんなヒーローがいたなんて、
そういや子供の頃見た覚えがあるけど、ず~っと忘れていた。
今どきの日本の子供だって知らないよね、きっと。

何でまたキカイダーなのかというと、
これは私も知らなかったんだけども、
キカイダーは私たちが子供だった時代、
ハワイでも放映されていて、結構な人気だったらしい。
アメリカ本土では認知度ゼロなんだけど、
ハワイに行って、アラフォー世代に聞けば
「ああ、キカイダーね!」ってことになるんだそうな。

うい郎は大学時代をハワイで過ごしたので、
当時の友達からキカイダーの話を聞き、
こてつと一緒にYouTubeで見始めたのがきっかけ。

さらには、Netflix(郵送DVDレンタルサービス)のリストを調べたところ、
なんと、キカイダーのDVDが9枚もレンタル可能になってるじゃあありませんか!

かくして、キカイダーマラソンが始まったのであった…(-_-)。

それにしてもマニアックなチョイスである。
(それを見せているアラフォーの両親のせいなんだけども。)
ウルトラマンは、70年代にアメリカ本土でも放映されていたので、
40前後の大人とならウルトラマンの話もできるけど、
今回の場合、はハワイで育った大人でないとキカイダーを知らないわけだ。

アラフォー世代としか「ヒーロー」ネタで盛り上がれない8歳児、こてつ。
(ごめん、親のせい。)

しかし、そこでメゲるこてつではなく、
最近じゃ、近所の友達の家に遊びに行く時に、
キカイダーのDVD持参で行って、
キカイダー布教に努めておられる様子。
「知らないなら教えてやれ」ということらしい。
この広いカリフォルニアで、
キカイダー知ってる小学生は、彼らだけに違いない。


しかし、このキカイダー、
子供の頃は普通にテレビで見てたけど、
今見てみると実に笑える。

そもそも、ヒーローの名が「ジロー」って言うところに時代を感じる。
あと、これもすっかり忘れていたんだけど、
毎週出てくる敵アンドロイドの名前が、どれもみんな「色+生物」なのだ。
例をあげると―

ブラックホース(まあ馬なら何となく強そう)
レッドコンドル(これもよしとしよう)
シルバーキャット(猫?)
ムラサキネズミ(ねずみでいいのか)
サソリブラウン(虫の領域に…)
キイロアリジゴク三兄弟(あくまで三兄弟)
ダイダイカタツムリ(ダイダイ色っていうのも懐かしい)
カイメングリーン(海綿? スポンジ?)
バイオレットサザエ(さざえでございま~す)

― と、到底強そうには聞こえないアンドロイド(さざえのアンドロイド?)の数々。

その他、
ジローが必ずギターを背負って登場するとことか、
ジローに心を寄せるお姉さんのスカートがゴーゴーダンサー並みの超ミニだとか、
見てる方が恥ずかしくなっちゃうようなこと満載なのである…。


時代にそぐわない内容でだらだら書いてしまった。
すみません。
いやー、なんか今日は暑かった。
お天気情報は見てないけど、おそらく華氏100度前後だったに違いない。
暑いから海岸に行こう(この辺りでは、海岸は霧が出て涼しいことが多い)と準備していたところ、ちょっとした(?)間違いから家族3人、家から閉め出されてしまった。 家のカギも、ガレージドアのリモコンも、ぜ~んぶ家の中およびガレージ内の車の中ときた。こんな時のためにと庭の某場所に隠してあるカギも、この間、別の容器に入れようといって屋内の持ってきたまま…戻してなかった。で、もって外は猛暑なわけである。

幸い、隣のおばあさんが在宅だったので、私とこてつはちょっとお邪魔して涼ませていただき、その間にうい郎が何らかの手立てを使ってドアを開けようと試みたのだが…、ぜんぜんダメ。灼熱の中で立ち続けてぶっ倒れたら元も子もないということで、結局、錠前師さんを呼んで開けてもらった。うい朗いわく、「専門の道具を使ったら2秒で開いたぞ。」 御代は80ドルなり。まあ、ドアや窓をぶち壊して修理するよりは安いだろうということで納得することにした。

そんな訳でビーチ行きはおじゃんとなり、暑くてけだるい午後は、さらにけだるく感じられるのでありました。あ~あ。
先日こてつが、
今週は学校で「ブックフェア」なるものをやってるから、
自分も何か買いたいとねだるので、
まあ、ブックフェアなら売ってるものは本が主体だろうし、
自分で買い物をしてみるというのも良いかと思い、
5ドル札を一枚持たせて学校に送り出した。
「これで買えるものを買ってらっしゃい」と。

さあ、どんな本を買ってくるかなと楽しみにしていると、
誇らしげな顔でバスから降りてきたこてつの手に握られていたのはこいつだった。

P1050764.jpg





君は…


プレゼンでもやるのか。


「あら、本を買ってくるかと思ったら…」と、$3.99の値札を見つめながらつぶやく母に、

「本はね、みんな高いんだよ。5ドルで買えたのはこれだけ。
税金入れて4ドル30セント。」

この発言は、後に母自身がブックフェアを覗きに行った際に本当じゃないことを発見。
あるじゃん、安い本が!
…まあ、好きな物を買っていいって言ったんだし、いいか。

それにしてもこれ、何に使うんだろう。
さっき、早速外に持ち出して、シェパードのナヌークに見せていたけど。




ああ、それから。
最近学校で書いたという、恐竜レポートが返ってきた。
自分の好きな恐竜を選んで、特徴を調べて書き出したり、絵を描いて色を塗ったりとか、
そういう感じのレポートだ。

「へ~、こてつはメガロサウルスを調べたのね…」と、レポートをパラパラめくっていたら、
メガロサウルスを選んだ理由が書いてあるページに遭遇。

P1050760.jpg


ぼくはメガロサウルスに興味があります。
どうしてかというと、焼いてない肉を食べるからです。



・・・・・・・・・。


そうきたか。


おっかさんとしては、
肉に火を入れて食べる恐竜がいるかどうかの方が興味あるんだけども。

まだまだツッコミどころ満載の、7歳児の恐竜レポートであった。


眠い。
極度の眠さに襲われている。
ちょっと急ぎの仕事が入って(っていうか、もっと早く始めりゃ良かったのに)、
ここ数日寝不足の日々。

息子が帰ってくる前に
ちょっとだけ、1時間だけ昼寝してみようか。
でも、寝たら起きられなくなるような気もする。
だけどこのままじゃ能率も落ちそうだし(…葛藤)。

久しぶりに字幕の仕事。
クライアントに「50分間の映像です」と聞いたときには何とかなるかと思ったのに
開けてみたらどっこい、超高密度のファイルだった。
50分ず~~っと話してやがる!
しかも早口ときた!

早口は嫌いだ!
少しは休んだらどうだっ!
単価安いのにっ!(涙)

…やっぱりちょっと休憩します。

先々週、サンフランシスコに行った時、
気をよくしたうい郎が「来週も来るぞ!」と息巻いたと書いたが…
本当にもう一度行ってきた。
もうこうなると、毎週サンフランシスコである(でも今週はもう行かんよ)。
今回は親戚回りの類はきっぱりやめて、
家族3人ですごすことに徹することにした。
…とは言っても、片道車で4時間もかかるような所に一泊二日で行くわけだから、
そんなにいろんなことが出来たわけじゃないけど。

やったことと言えば、
念願の韓国料理屋さんに行き(サンルイスオビスポくんだりに暮らしているとこんなことが『念願』になるのである)、ゴールデンゲートブリッジを見に行き(これはこてつの念願)、ジャパンタウンをほっつき歩き、朝からフォー(ベトナム式ラーメンとでも言うか)をすすり、ユニオンスクエアで鳩を追っかけるこてつを眺めながら日向ぼっこをした、
…くらいなもんである。

今回初めて、ゴールデンゲートブリッジの上を歩いてみたのだが、
分かっちゃいたけどものすごく高いのね。
高所恐怖症気味の私は、手すりから下を覗くこともできなかった!
しかもその手すりがあんまり高くないんだもの。
P1050684.jpg

でも話の種に、歩いてみてよかった。
半分くらいで引き返したけど。

今回もまた、
「おしゃれだけどお手頃な」ホテルに泊まったのだが、

P1050519.jpg

こ~んなヘッドボードのベッドだったので
恒例の逆立ち写真はとれなかった…。うはは。



先程、ネット上のニュースで
忌野清志郎氏が亡くなったことを知った。
闘病生活を送っているとは聞いていたけれど。
…なんだか、さみしいな。さみしいな。
ご冥福をお祈りします。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。